世界一周 【ウズベキスタン】 ~まとめ~

005 ウズベキスタン

リアルタイムはトルコ、トラブゾン。

夢にまで見たカッパドキアが近づいてきている。。。

こんにちは。Ao-haru旅のAoです。

教員を辞めて世界一周をしていました。(現在はまた教員やってます)

世界一周ブログランキング参加しています。もし宜しければ、下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。ランキングに反映されるので励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


 

大きく予定が変わったウズベキスタン編

まとめです。

 ルート・日程

滞在期間:2019年6月21日~6月27日(7日間)

トルクメVISAとイラン情勢によりルートが大きく変わりました。

当初の予定

実際

タシュケント、ブハラ、サマルカンドを周遊すルートになりました。

南旅館で沈没したキルギス(ビシュケク)から、カザフスタン経由で陸路で入国。

【ウズベキスタン】 ビシュケクからタシュケントへ
リアルタイムは、最近人気急上昇中のジョージア。 次なる国は、ウズベキスタン。 名前しか知りません。 どんな世界が待っているか。 楽しみです。  ウズベキスタンってどんな国 国名:ウズベキスタン共和国 ...

タシュケントでは、両替、ATMの引き出しに苦戦。特に観光はせず、ブハラへ移動。

【ウズベキスタン】 タシュケントからブハラへ
リアルタイムはジョージアの巨大カジュアルホステスでまったり中。(wifiめっちゃ爆速) ウズベキスタンはwifi弱かったのでやらんといかんことがたまっているので消化します。 ウズベキスタンの首都、タシュケントを後にして、...
【ウズベキスタン】 ブハラ観光
リアルタイムはジョージア、うわさ通り過ごしやすいところですね。 どこにいても割と早いWIFIが飛んでいるのがうれしい。 ジョージアの次はトルコの予定。 そのあとが迷い中。 ギリシャ???ブルガリア???それともヨルダ...

青の都、サマルカンドへ。

日本語勉強している学生が多くてびっくり

【ウズベキスタン】ブハラからサマルカンドへ サマルカンド観光
リアルタイムはジョージア。 日本人に有名な日本人宿に泊まっているのですが、コミュ障発動中。 長期の人が多くもう仲がよさそうなところに入っていけない・・・。 一人で作業。 でも、これが全然苦痛じゃないのがまた問題(笑)...
【ウズベキスタン】 予定変更 トルクメ、イラン飛ばします
リアルタイムはジョージア、トリビシ。 カズベキで絶景を堪能し、トリビシに戻ってきました。 だらだらしそうな土地ですが(笑)、動きます。 明日はいよいよトルコ、トラブゾンへ移動。。。 カッパドキアが近づいてきています。...

ウズベキスタン

ほとんどイメージがなかったですが、各都市に特徴がありなかなか面白かったです。

地下鉄、鉄道は日本よりすごいんじゃないかと思うぐらい立派。

噂どおり、キャッシュの入手に苦労しました。その辺に両替所やキャッシングできるATMがあまりない。ドルを入手しておく、VISAカードの海外キャッシング機能のあるカードをもっておくと安心です。(ホテル ウズベキスタン1階で両替、ATMでの引き出しが可能)

 費用

 食事代

約2400円/1日あたり約340円

ウズベキスタンはほとんどの宿がB&Bなので、朝食をいっぱい食べて、昼なし、夜少し食べるという生活をしていたのであんまりかかりませんでした。

(ブハラ Rumiでの朝食)

(サマルカンド アミールホステルの朝食)

ラグマン

プロフ

 交通費

約5000円

市内の移動はタクシー、バス、地下鉄(タシュケントのみ)(ウズベキスタンのバスはよくわからなかったのであまり利用できまんせんでした)、都市間は鉄道、シェアタクシーになります。

鉄道は人気なので前日までの予約が安心です。

ものすごくきれいで快適です。

 観光費

約0円

0円って!!!

あとから気付いたけど、ウズベキはどこにも入ってないです。

外からの景色で満足していました。

写真を見ると中もきれいなようなので入ってもよかったですね。

(タシュケント Emir Timurの像)

(ブハラ Kakan Mosque)

(サマルカンド レギスタン広場)

 

 宿泊費

約5000円(1日あたり約830円)

ウズベキスタンは基本B&B。

朝食がつきます。

また宿泊費のほかに市税2ドルが必要です。

これが微妙に痛い。

なので1泊あたり1000円前後のところが多いです。

 タシュケント

有名宿2つに泊まりました。

いろんなレビューがありますが、私は圧倒的に「Tashkent Backpacker’s Hostel」の方がよかったです。

騒ぎたい人は「topputyann」、落ち着きたい人は「Tashkent Backpacker’s Hostel」がいいのではないでしょうか。

Topchan Hostel  

【宿泊日】2019年6月21日

【料金】5ドル(約540円)

ドル、スム両方での支払いが可能

【部屋】ドミトリー 大きな部屋にベットがたくさん並んでいる。

ベットにコンセント、読書灯なし。ベットのみ

【WIFI】★★★★☆

【シャワー】★★★☆☆

【スタッフ】★★★☆☆

【総合評価】☆☆☆☆☆

過去泊まった宿のうち最悪の宿。booking.comで評価が高かったので予約したが、宿泊していたインド人が夜中2時頃までドミトリーでしゃべっていたり、電話していたりして宿なのに寝ることができなかった。スタッフに言っても改善なし。また、夜中12ぐらいから共有スペースでクラブのような音楽が流れ不快だった。寝ないで一晩中騒ぎたい人にはいいだろうかそれ意外の人には苦痛でしかない。朝食も収容人数に対して場所が狭すぎる。泊まるなら2段ベットタイプのドミか個室をお勧めする。が二度といかない。

 

Tashkent Backpacker’s Hostel

【宿泊日】2019年6月25日(1泊)

【料金】4.5ドル(+市税2ドル)※朝食付き

ドル、スム両方で支払いが可能

【部屋】ドミトリー 大部屋に2段ベットが多数。手作り?若干もろい

各ベットに読書灯、コンセントはなし

【wifi】★★★☆☆

【シャワー】★★★★☆

【スタッフ】★★★★★

【総合評価】★★★★☆ 

コスパは良い。毎夜スイカパーティーがあり、スイカを食べながら宿泊者同士語り合う時間があった。(無料)そんな方ぐるしい雰囲気でなく楽しかった。若干キッチンが汚い。
 ブハラ

Rumi

【宿泊日】2019年6月22日~6月24日

【料金】5ドル(約540円)

ドル、スム両方での支払いが可能

【部屋】ドミトリー 2段ベット×3

絶賛改装中

【wifi】★★★☆☆

ネットは大丈夫だが、動画はきつい

【シャワー】★★★☆☆

【スタッフ】★★★★★

【総合評価】★★★★☆

寝る分にはなんの問題もなく、快適に暮らせる。欧米のバイク乗りが多かった。
 サマルカンド
アミールホステル

【宿泊日】2019年6月24日~6月25日(2泊)
【料金】7ドル(別途2ドル税金)
ドル、スム両方で支払いが可能
【部屋】ドミトリー 2段ベット×3(6人部屋)
狭い部屋にうまくベットを詰め込んでいますが、カーテンがあるので、プライベート空間が確保されています。
読書灯、コンセント各ベットにあり
【wifi】★★★★☆
共有スペースでは問題ないですが、部屋は弱いです。
【シャワー】★★★★☆
【スタッフ】★★★★★
【総合評価】★★★★★
欧米人が多い。特にストレスを感じることなく快適に利用することができた。レギスタン広場から離れているのが難点だが歩けない距離ではない。

 その他

別途タシュケントからアゼルバイジャンへのOUTチケット
航空券 約29000円(ウズベキスタン航空)
合計 約12000円/1日あたり1700円
(別途航空券 約29000円)
次は石油で財を成した独裁国家、アゼルバイジャンへ。

 

世界一周ブログランキング参加しています。下のアイコンを1日1回クリックすることででランキングに反映されるようになっています。もし宜しければクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました