【インド】 ブッタガヤ観光

003 インド

リアルタイムはキルギス、ビシュケク。

インドの暑さとうざさと汚さから抜け出し、天国のようです。

街には、おいしいお店がいっぱいあって、なんでも買えるお店も多々あり。

クラクションもそんないならないのどかな街です。

でも、ぱっと見治安は悪そうには見えませんが、盗難・強盗情報もちらほら。

油断しているとやられるので注意します。

ともあれ、明日から数日は雨の予報。トレッキングいこうかと思ってたけど、どうしようか・・・。

こんにちは。Ao-haru旅のAoです。

教員を辞めて世界一周をしていました。(現在はまた教員やってます)

世界一周ブログランキング参加しています。もし宜しければ、下のアイコンをクリックしていただけると嬉しいです。ランキングに反映されるので励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


 

 

さて、ブッタガヤ観光の続きです。

この時期(5月中旬)のインドは、暑いことこの上なし。

40℃を超えていますが、ブッタガヤは1泊次の電車を予約してるので周らなければいけません。オートリキシャに乗って、このへんで降ろされました。

メモには、200ルピーって書いてあるけどそんな払った記憶がないのでおそらく20ルピー(約30円)の間違えです。

この辺で降ろされました。

マハーボディー寺院(大菩提寺)ぐらいしか下調べをしていなかったので、まずはその辺をぶらぶら。

 

すぐ近くに橋がありました。

そこを渡るとスジャータ村というところに行けるとのこと。

苦しい修行をした後この村にたどりついたブッダが、村の娘であったから乳粥を供養されたところらしいです。

 

乾季なので、川には全然水が流れていません。

歩いて渡ろうとおもいましたが、オートリキシャのおっちゃんの勧誘が。そんなに高くなかったので、乗せてもらって観光地を周ることに。(200ルピー 約300円ほど)

なにもないのどかな風景が流れていきます。

 

まず連れていいってもらったのはDharmanaya Templeというところ。

ブッタが実際に乳粥を提供されたのは、この寺院の菩提樹の木の下と言われています。

そばに学校もありました。

今は暑いので夏季?休暇中。

そりゃこんなに暑かったら勉強もはかどりませんね。

寄付でなりたっているらしく、寄付を求められましたが、丁重にお断りしました。

 

次の場所に移動。

途中で通った民家。

裕福には見えないけれど、それが不幸せかもわからない。

幸せの定義が揺らいでいる今日この頃です。

 

 

次の場所に到着。Sujata Stupaというところ。

ここはスジャータの住居だった所らしいです。

でかい。墓かなんかと思いました。

全部大文字ってなれていないので読みずらいですね。

 

ぐるっと周囲を一周できます。

インドのv( ̄Д ̄)v イエイ系のおねいちゃんたちでしょうか。

自撮りをしていました。

のどかな景色です。

 

 

ほかにもちっさいお寺みたいなところに連れて行ってもらいました。

橋を渡って、マハーボディー寺院(大菩提寺)のところまで戻ります。

この辺はすごい人でにぎわっていますが、外国の観光客はほぼいません。

地元の人かインド人の観光客でしょうか。ドライバーさんも観光客が減ったと嘆いていました。

 

歩いてマハーボディー寺院(大菩提寺)の方に向かいます。

ブッダガヤの大菩提寺(ブッダガヤのだいぼだいじ)またはマハーボーディ寺院はインド、ブッダガヤにある寺院。ユネスコにより世界遺産に登録されている。

釈迦牟尼が悟りを開いた場所であり、紀元前約530年、僧として放浪している釈迦牟尼がガンジス川支流の森の岸に着いたその位置を示すために造られた。(Wikipediaより)

 

数年前にテロがあったため、入場管理が厳しくなっており、ここで手荷物は預けなけれいけません。(スマホダメ。カメラは100ルピーで持ち込み可)

PCが引っ掛かり、入場口と荷物を預けるところをいったり来たりしてしまいました。

場内はこんな感じ

ここが釈迦が49日間瞑想をして、悟りを開いたと言われる菩堤樹と金剛座。

居心地がよくてしばらくぼーっとしていました。

 

場内で何回かガイドはどうかと言われましたが断りました。

より詳しく知りたい人は利用してもいいかもしれません。

 

お昼時になり、暑かったので、近くのレストランに退避。


エアコン効いてるレストランないって聞いたらここを教えてもらいました。

カレーに飽きたのでフライドライスをいただきます。

190ペソ(約300円)インドにしてはだいぶ高いですがエアコンに負けました。。。

 

少し休憩してから日本寺のある方へ。

 

いろんな各国のお寺が並んでいます。

いった時間が悪かったのかちょうどお昼休み中?だったので、どこも入れませんでした。

待ってもよかったのですが、暑いのでそうそうに退散。

ある宿で同じになった人よると、泊まることもできるみたいです。

 

牛がごろりんしています。

インドですね。もー牛を見ても驚かなくなりました。(もーと牛がっかっていると打ってから気付く(笑))

 

少し歩くと結婚式の宴会?をしているところに遭遇。

これから新郎が新婦を家まで迎えにいくんだとか。

盛り上がっていました。

 

そんなこんなゆっくりししていると、日本語でおじさんに話しかけられました。

「日本人ですか=」

よくあることです。

少し話をすると、京都外大に留学したことがあって日本語堪能。めっちゃうまい。

山(ブッタがこもったという)に行かないかとのお誘い。(2000ペソ 約3000円)

ちょっと高かったのでお断り。お店をやっているということなのでそっちついていくことに。

こーゆー場合いい人の場合と悪い人の場合があるが、すべて断ってしまうと旅gあ面白くなくなるので、警戒しながも顔を見て、この人大丈夫かなと思ったら行くことにしている。

 

話を聞いていると

昔は日本人の観光客がほんとうに多くて、日本語を勉強して、ビジネスをしようと思って、京都外大いって、その後銀座のインド料理屋で1年間働いた。

だから日本語ぺらぺら。

でも、近年日本人も含めて日本人も含めて、観光客自体が減っていてなかなか苦しいよう。

マハーボーディ寺院裏手にある彼のお店。

いろんな商品がある。

ハンドメイドで、ご神木を使って作られているのだとか。

短期旅行なら全然買ったんだけどね。

仕事辞めてきている身なので、無駄遣いはできない・・・。

 

いろいろ話ができて楽しかったけど、購入はせず。

ごり押しはされなかったけど、ちょっと悲しそうな顔がなんとも言えず。

日本語勉強して、努力されて、努力は報われてほしいけど、なんか他の販路を見つけたほうがいいのかなーとも思った。

 

1日のブッタガヤ観光を終え宿へ。

観光自体は1日で十分。

お寺に泊まりたい人やスジャータ村で交流したい人は+その日数といったところでしょうか?

 

次回はインドといったらここ。バラナシへ移動です。

 

世界一周ブログランキング参加しています。下のアイコンを1日1回クリックすることででランキングに反映されるようになっています。もし宜しければクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました